石割桜 ツアー

石割桜の力強さに感動!

去年、はじめて盛岡市にある石割桜を見ました。

 

桜見物は好きなので、石割桜の事は知っていましたけど、実物を見たのは初めてでした。国の天然記念物にもなっているので、以前から一度は見たいと思っていました。

石割桜ツアー

 

 

知り合いからも石割桜は一度は見ておくべきだって言われていたし・・・。

 

 

石割桜は、盛岡市内の盛岡地方裁判所の構内にあり、その名の通り石の割れ目から伸びている桜の木です。エドヒガンザクラという種類なんです。石と言ってもかなり巨大な花崗岩です。石の周囲はざっと20メートル位、直径は7メートルほどあるそうですから、大きな石ですよね。

 

 

で、石割桜はその花崗岩の割れ目から2つに伸びているんですよ。樹齢はもう360年を超えているそうですから、神々しい雰囲気がありました。

 

 

サイズ的にも石割桜は直径1.35メートルあって、高さも10メートルを超えます。桜の花が満開になると東西南北に、それぞれ10〜17メートルくらいに広がるので、満開時にはかなりの迫力があります。そもそも石から力強く生えている姿を見ていると生命力の凄さが伝わってくるんですよね。

 

そばで石割桜を見ているとなんか荘厳なパワーを感じましたし、感動的です。石割桜自体今ではパワースポットにもなっているそうです。

 

 

そんな石割桜の見頃は、例年ほぼ4月の半ばくらいからです。

 

 

地元の人の話しでは、石割桜の幹の太さを例年観測しているそうですが、年々少しずつ太くなっているとか・・・その分、石の割れ目も広がっているんですよね。(´゚д゚`)

 

 

本当にたくましい桜の木だなぁって感動しちゃいました。(^O^)

 

 

ところで、石割桜って一本桜なんですよね。なので、花見といっても盛岡地方裁判所の構内なので、鑑賞して写真を撮る感じです。なので、せっかく盛岡まで行くのなら、盛岡の桜の名所の訪れるのもいいと思います。盛岡城跡公園では、同時期くらいにさくらまつりもありますから。

 

 

私は、石割桜をツアーで見にいったので、他にも東北の桜を満喫できましたよ。小岩井一本桜とか北上展勝地にも行きましたから。

 

なので、石割桜はツアーにからめて行く方が、料金的にもお得だと思います。

 

そこで、石割桜のツアーが見つかるおすすめの旅行サイトを紹介しておきますね!

 

石割桜のツアーを探すならこちら

クラブツーリズム



盛岡の石割桜のツアーで、いちばんのお勧めなのが、クラブツーリズムです。クラブツーリズムには桜ツアーの特集ページを設けているので、バスツアーをはじめ列車ツアーや日帰りツアーなどが充実しています。お得なツアープランが揃っているのも嬉しい点です。サイトの使い勝手もいいし、満足度が高いです。すべてネットで完結できるようになっているので、手軽に予約できます。

>>クラブツーリズムで探す

 

日本旅行



日本旅行は、国内旅行ツアーの情報量が多い点が強みです。「赤い風船」「wens(ウェンズ)」というブランドでパック旅行を提供しており、知名度も高いですよ。桜ツアーは、JRとセットのプランなども選択できるし、料金も格安です。列車ツアーなら日本旅行がお勧めだと思います。メルマガ登録しておくと割引情報などもいち早くゲットできますよ。

>>日本旅行で探す

 

阪急交通社



阪急交通社は、長年安定した実績を誇る老舗の旅行会社です。とにかく情報量が充実しており、格安プランなどコストパフォーマンスが高いプランが揃っています。サイトの検索機能は詳しく検索できるので、目的や用途に応じたツアープランが見つかりやすいです。観光ガイドなども掲載されているので、観光地の見どころなどポイントがわかり、便利です。メルマガ登録しておくとネット会員限定のお得情報を優先的に入手できますよ。

>>阪急交通社で探す

 

 

石割桜を見に行くなら、こんな楽しみ方もありますよ!

 

石割桜は、盛岡地方裁判所の構内にあるので、他所の桜の名所のようにシートを敷いて、花見を楽しむというわけにはいきません。でも、せっかく石割桜を見に行くのなら、いろいろと楽しみ方を知っておいた方がいいと思います。

石割桜ツアー

 

 

 

で、まず、石割桜には、「東北・夢の桜街道〜桜の札所・八十八ヵ所巡り」っていう札所看板が設けられています。これは、震災後の復興を祈願して、平成32年まで実施されていて、毎年、4、5月の2ヶ月間、桜で福幸スタンプラリーが行われているんです。

 

東北の旅館やホテルの無料のペア宿泊券が当たるそうですから、トライしてみるのも楽しいと思います。

 

あと、石割桜はお菓子にもなっているんですよ。名前も「石割桜」!私もお土産として買いましたし、自分でも食べてみました。まぁ、ウエハースみたいな丸くて大きくて薄い煎餅でクリームをサンドにしていて、味はメロン、バニラ、チョコの3種類あります。

 

結構懐かしい味かなって、そんな感じでした。(^O^)

 

また、4月中旬から、5月の初旬(2017年は、4月15日(土)〜5月5日(金))には、盛岡さくらまつりが行われます。場所は、盛岡城跡公園と高松公園で、花見もできますので、石割桜と龍谷寺のモリオカシダレ、高松公園の桜を鑑賞するのもいいかなって思います。

 

夜桜も見られるので、昼間から夜にかけて、桜見物が満喫できます。

 

ところで、石割桜の木が伸びている花崗岩ですけど、石材の硬さを示すモース硬度が6.5となっています。花崗岩自体は、モース硬度が7の石英、6の長石の割合が多いので、かなり硬い石なんですよね。

 

で、その石の割れ目から石割桜が伸びているんです。

 

 

言い伝えでは、もともとあった大きな石に雷が落ちて、その割れ目にエドヒガンザクラ種子が入り込んで、成長したということらしいです。

 

途中、火事があったりもしたらしいですが、とにかく、石割桜の生命力は、かなりのものじゃないかと思いますし、盛岡付近では、比較的早くに咲く桜なので、一度は見ておきたい桜だと思います。